NEWS
RACE
2020.10.21 Wed
ビアンキはグリーンエッジサイクリングのバイクスポンサーになります。


UCIワールドツアーの男女両分野において、最も成功している革新的なチームとビアンキの新たなパートナーシップが始まります。

グリーンエッジサイクリングとのパートナーシップにより、ビアンキの伝統であるレース活動の新しい章が始まります。
2021年1月から、グリーンエッジサイクリングの男女両チームの選手たちは、ビアンキのハイパフォーマンスバイクを駆り、勝利を目指します。

スポーツマーケティング戦略の一環として、ビアンキ社は革新的かつ包括的なコミュニケーションを重視しています。
この度、オーストラリアに拠点を置き、あらゆる国のレースで高い競争力を発揮するワールドツアーチームと、新たなるパートナーシップを開始します。

オーストラリアのビジネスマンであるゲイリー・ライアン氏率いるグリーンエッジサイクリングは、2011年にアジア初かつ唯一のワールドツアーチームとして創設され、今や熱狂的なファンをもつ真の世界的チームとしての地位を確立しています。

サイモン・イェーツ、マイケル・マシューズ、アマンダ・スプラットをはじめとする、グリーンエッジサイクリングの男女両チームの選手たちは、ビアンキの誇るハイパフォーマンスバイク(スペシャリッシマ、オルトレ、アクイラ)を駆ります。

なお、契約の期間については複数年です。