NEWS
BIKES
2019.09.09 Mon
2019 Eurobike リポート BIANCHI E-SUVを発表

94日、ドイツのフリードリヒスハーフェンで開催されているEurobike 2019にて、次世代型

電動バイク“e-SUVが発表されました。 e-SUVは、スタイルと機能美の融合を体現した全く新

しいMTBバイクになります。

Bianchiが見据える未来のサイクリングバイクのビジョンは、革新的なデザインでありながらも、使用する人間が扱いやすい直感に訴えかける機能美がコンセプトです。(“e-SUVは多目的電動ス

ポーツバイク(electric sports utility vehicleの略称になります)

今回発表されたモデルは、乗り手であるすべてのライダーの安全と、これまでに経験したことのないe-bikeサイクリングライフを人々に提供することをプロジェクトのキーに掲げるBianchi Lif-Eの第1弾モデルです。 Bianchiは、電子制御された機動性、安全性、走行性能の向上を追求したe-バイクのラインナップを今後も拡充させていく予定です。



DESIGN:

今回発表された”e-SUV”の設計デザインはとてもユニークであり、革新的です。 デザインのキーコンセプトに、エッジの効いたドロマイト鉱石をイメージしており、自然とテクノロジ―の融合を目指しています。

INTEGRATION

720W大容量バッテリーを搭載した”e-SUV”は、バッテリーから発生する熱を効率よく放出する空気ダクトを搭載しております。 トップチューブ上部から取り入れられた空気は、トップチューブの下部を通り抜けることにより、バッテリーとモーターの高熱による性能低下を防いでいます。

FUNCTION:

オランダのサイクリングライトブランドである“Spanninga.”との共同開発されたフロントライトは、サイドターンライトも搭載しています。夜間の視認性が格段に向上しており、街灯のない山道から、街のりまで対応いたします。デザインの特徴にもなっている非対称カーボンスイングアームは、チェーンステイの損傷を防ぎ、フレームに衝突するチェーンからのノイズも軽減する効果があります。

 

Bianchi e-SUVは、RacerRallyAdventure3タイプをご用意しており、標準装備として、フルカーボンフレーム、Shimano E8000ドライブユニットと720Whバッテリーを搭載しています。


Racerモデル


Rally & Adventureモデル

Racere-MTB競技に理想的な設計と勝利するための性能を備えた最新のトレイルe-MTBです。 フロントサスペンショントラベルは160mm、リアサスペンショントラベルは150mm、前後ホイールサイズは29x2.6Shimano XTR 1x12speedを搭載しています。 競技での使用のため、フロントライトやマッドガード等はついていません。

ヨーロッパでの参考上代:10,490ユーロ

Rally街乗りから、トレイルまで使用できる e-SUVバイクです。サイドターンライトを装備したフロントライトとマッドガードを装備しています。 フロントとリアの両方に150mmトラベルのサスペンションを使用しています。ホイールサイズは、フロント29“、リア27.5”、Shimano XTR 1x12スピードを搭載しています。  Binchi e-SUV Rallyは、1.100ルーメンで、約200m先までの灯火能力を持つライトを、追加で搭載しています。

ヨーロッパでの参考上代:9,490ユーロ

Adventure暗い場所で、より多くのトレイルや、都市の乗り物に乗るのに理想的な全地形e-SUV。 フロントとリアの両方に150mmトラベルのサスペンション、ホイールサイズは、フロント29“、リア27.5”を使用。 Sram GX Eagle 12spを搭載しています。 サイドターンライトを装備したフロントライトとマッドガードを装備しています。

 

ヨーロッパでの参考上代:6,790ユーロ

なお、こちらで紹介したモデルの日本国内の販売予定は、現在のところございません。

CICLEUROPE