NEWS
RACE
2017.08.08 Tue
テンピエ選手、ワールドカップのポディウムへ
8月6日(日)に行われたクロスカントリー・オリンピック第5戦。
Team Bianchi Countervailのステファン・テンピエ選手が2位でのゴールという快挙を遂げました。
同チームアウレリオ・フォンタナ選手は19位でのゴールとなりました。女子U23では、キアラ・テオッキ選手が8位を獲得しています。

2周回終えたところでの順位が8位だったテンピエ選手は、3週終えて6位、4週目には地元有力選手達を追い抜きました。
先頭の選手たちとの差を詰め、コースを活かしたアタックで2位へと躍り出ました。そのままゴールしたテンピエ選手は、ワールドカップ第5戦2位という栄冠を手にしました。

【テンピエ選手のコメント】
 "I'm really happy both for me and the team, I delivered a strong display. Since the European championships I realized my excellent shape, but I needed to achieve an important result. I catched the leading trio with two laps to go, I was almost at my limits, so decided to aim for a podium spot: finishing as runner-up behind Schurter, winner of all World Cup's rounds so far, is a prestigious outcome. I equalled by World Cup's career highlight, going up on GC third position. I want to keep it until the end", 
【訳】
チームにとっても自分にとっても本当に喜ばしい結果だよ。ヨーロッパチャンピオンシップのころから形になってきていて調子は良かったんだけど、それを証明するにはちゃんとした結果が必要だった。限界ぎりぎりのところで先頭を捉えたときには、ポディウムに上がろうって決めたんだ。今回の結果は本当に素晴らしいものだって思える。総合3位を最後までキープしたいね。
【フォンタナ選手のコメント】
"I forced the pace in the first half of the race, because I felt I could achieve a Top 10 placement, but later I suffered and I lost some positions. I'm happy because our team proved once again as one of the best in the world. I'm sure we'll manage to deliver good performances further in Val di Sole and above all at Worlds" 
【訳】
トップ10人に入れると感じていたからレース序盤はハイペースで進んだんだ。でもだんだん苦しくなって、順位を落としてしまったんだ。自分たちのチームが世界でも有数の強いチームになっていることが本当に喜ばしい。これからのレースでも素晴らしい走りをできると確信しているよ。

今レースで選手が使用した機材は、Bianchi Methanol 29.1FSです。
CICLEUROPE