NEWS
RACE
2017.08.28 Mon
タンピエ選手自身最高記録での勝利

イタリアで開催されていたUCIワールドカップ ヴァルディソーレの最終第6ステージ。
BianchiのMTBチームBianchi Countervailのステファン・タンピエ選手が2位でフィニッシュし、総合順位でも2位を達成、自身最高となる結果を樹立しました。
周回数を重ねるごとに前へ前へとポジションをあげ、今回1位となったニノ・シューター選手と抜きつ抜かれつの攻防を繰り広げたタンピエ選手。
レースを巧みにリードし、並み居る強豪の選手達を相手に2位という結果でレースを締めくくりました。

タンピエ選手のコメント
I’m super happy, I delivered a great performance, even better than in Canada. My Methanol CV helped me a lot, it was extremely fast and perfect for a track like this. When I managed to catch Schurter, first I thought about defending the third place overall. Then team manager Massimo Ghirotto told me that Marotte was several positions behind and in the last lap I even thought about the victory. But Schurter in the end was stronger. It’s the best World Cup performance in my life: I’ve never made mistakes or had mishaps for six stages, I’ve been consistent and claimed the second podium in a row. Yes, I’m really happy
この上なく喜ばしい。今回のようなコースこそ本当にMetanol CVが輝くよ。とても素晴らしい活躍をしてくれた。
レース終盤、勝てたと思ったんだけど、シューターは最後の最後本当に強かった。
6ステージ通して目立ったミスもなく、順調なレース運びができたと思う。人生の中で一番素晴らしいのワールドカップになったよ。

CICLEUROPE