~ジャック・バウアー選手(チーム・バイクエクスチェンジ) 5位~

~高木 三千成選手(さいたまディレーブ) 8位~

10月16日(土)、ワールドチームをはじめ国内外のトップ選手が参戦したデジタルジャパンカップが開催され、ビアンキがスポンサードするチーム・バイクエクスチェンジから3名、さいたまディレーブから2名が参戦しレースを盛り上げました!

スタート直後のアタックに高木選手(さいたまディレーブ)が反応し、古賀志林道に入るとジャック・バウアー選手、マイケル・マシューズ選手(いずれもチーム・バイクエクスチェンジ)が先頭を争う展開。

2周目の古賀志林道では、先頭のモホリッチ選手をバウアー選手含む3名が追走。
3周目もモホリッチ選手を追走するも、惜しくも届かず5位でフィニッシュ。
高木選手も好走し8位でゴールしています。

昨年に続き本年もジャパンカップサイクルロードレースが中止となる中、デジタルジャパンカップでビアンキを駆るライダーがレースを盛り上げました。

来年はライブで世界レベルの選手が走る姿が見れることを期待しています!

スポーンサード・バイク

■TEAM BIKE EXCAHNGE(チーム・バイクエクスチェンジ)

■さいたまディレーブ

OLTRE XR3 DISC